練習-振付を思い出し、覚える。②

Pocket

前回、隙間時間での練習に少し触れました。何故隙間時間の利用が良いのでしょうか。ポイントは『動作の実行回数を重ねる』ということです。

脳の記憶は二種類に大きく分かれるそうです。ひとつは『身体で覚えること』例えば歩くこと、自転車に乗る事等。一度覚えればなかなか忘れません。もうひとつは『頭で覚えること』難しい漢字や計算方法等、一度覚えても忘れてしまうこともあります。これらを手続き記憶、陳述的記憶と呼ぶそうです。

何度も何度も身体を動かし繰り返し練習することで、筋肉の動きを記憶する脳のネットワークが学びながら、脳に記憶していくとのことです。

つづく

山口県 フラメンコの体験レッスンはフライコへ

 

投稿者: MIYO

山口県周南市に生まれ、東京生活14年を経て帰郷。海と山自然に囲まれた日々を過ごしています。フラメンコに魅せられて約30年経ちました。ライブやワークショップでその魅力をお伝えしています。