日本人はどうしてフラメンコが好きなの?③

syamisen
Pocket

スペインでヨーロッパ出身の方々から「日本人はどうしてフラメンコが好きなの?」と何度も尋ねられた頃から暫く経過した数年前、すっと腑に落ちたその理由に気付きました。そしてやはりそうかと思ったのが、青森と沖縄でフラメンコが流行っているということ。そうです、はい。三味線そして民謡という日本の伝統芸能です。

津軽三味線の世界には、「民謡酒場」という民謡を聞きながらお酒と食事を楽しむお店があり、そこでは三味線と唄と踊り、お囃子で演目を披露しています。ほろ酔いのお客様はそれに合わせて手拍子を叩き、お囃子をかけ、舞台と客席が一体となった楽しい雰囲気で演目が進みます。沖縄にも民謡酒場はありますよね。民謡酒場と、フラメンコの世界にあるフラメンコ観賞をしながらお酒と食事ができる「タブラオ」は、とても似ています。

日本人にフラメンコが好きな方が多いのは、「それに親しみが湧く似たような環境が既にあり、受け入れやすい感性を持っていたから」ということでしょうね。

次回のテーマは「タブラオを楽しむ」です。

¡Hasta la proxima! Millita

山口県周南市・山口市のフラメンコ教室フライコのホームページはこちら

投稿者: MIYO

山口県周南市に生まれ、東京生活14年を経て帰郷。海と山自然に囲まれた日々を過ごしています。フラメンコに魅せられて約30年経ちました。ライブやワークショップでその魅力をお伝えしています。